IT医療機器の画像による治療

人間物事を言葉で説明して分かる人もいれば、分からない人もいます。
分からない人には、当然のことながら画像やイラストを用いて説明すると分かり易いという人は、多いと思います。

IT機器の開発により目に見えない物を見えるようにすることに、IT機器が多く使われるようになり、その様々な使い方により今まで以上に物事が分かり易くなり、より早く判断ができるようになったのが医療業界です。

いままであまり考えていなかった体の中や頭の中のこと。健康診断などの検査で病気が分かりびっくりするケーズが多く、病巣の存在やその状態をすぐに確認することができ、治療ができる、早ければ早期発見でガンなどの難しい病気も治る確率が格段に上がってきました。

国内にもある大学の医学部付属病院に「画像診療部」があるのを見つけました。
一般画像診断学を幅広くあつかい、核医学やIVRインターベンショナル・ラジオロジーも範囲内とのこと。インターベンショナル・ラジオロジーは「放射線診断技術の治療的応用」で血管内治療や血管内手術、低侵襲治療や画像支援治療とも呼ばれています。

これはエックス線透視や超音波像、CTなどを見ながら体内に細いカテーテルという管を入れて病気の治療をする治療法。IVRは手術を必要としないやり方であるため、患者さんの身体に与える負担が少なく病気の場所だけを正確に治療ができます。入院期間も短く高齢の患者さんや状態のよくない進行がんなどの患者さんに、広く応用されています。

また地域医療でも今一番望まれているのが、地域の医院や診療所で診察を受けその結果、重大な病気が疑われる場合、地域を束ねる大きい病院での精密検査の依頼や患者さんの医療用のデータや検査画像を送り診断を仰ぐ、遠隔画像診断などもこれからの地域医療には絶対必要となります。

より早くより患者さんに負担をかけず検査や治療ができればこれにこしたことはありません。地域を医療ネットワークで結び、一日でも早い病気の治療や治癒を願うにはITは欠かせないものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です